桂歌丸は病気だったが復帰した?体重が痩せすぎている?今後の活動は?

桂歌丸は1966年から日本テレビ「笑点」大喜利メンバーとして出演しテレビに出演し落語ファンの皆さんを楽しませてきた。
1979年には社団法人落語芸術協会理事に就任している。
数々の文化賞を受賞しており落語の世界では知らない人はいない程の大物落語家となった。
2006年には日本テレビ「笑点」5代目司会者に就任し、同じ年に初の自伝「極上歌丸ばなし」を出版した。
そんな、落語会の大御所である桂歌丸が病気が治らず休養していたという噂がったが本当なのだろうか?
ニュース等では復帰しているという話もあるが大丈夫なのだろうか?年齢も年齢なので心配なところですね・・・。
そんな桂歌丸の噂に迫ってみました!!
WS000015

桂歌丸は復帰した?

確かにここ最近、日本テレビ「笑点」の司会を休んでいると思って気になっていました。
ところで、なぜ休養が必要だったのか原因について調べてみたところ2015年に入ってからインフルエンザにかかってしまったようです。
2週間程で退院するものの身体が弱っていたようで次々に病気を患っていたようです・・・。
現在、確認できている病名は下記のとおりです。
■病名■
・閉塞性肺疾患
・帯状疱疹
・助骨骨折
・腸閉塞
とても多くの病気を患っているのですね。
こんなに沢山の症状があったら復帰も厳しいように思いましたが、復活するなんでさすがは大物落語家ですね!!
私は良く桂歌丸大喜利メンバーがイジっている場面が面白く何度みても笑えます。
完全復活とまではいかないように思いますが、元気を取り戻り復活したようで嬉しい限りです。
復帰後は、さっそく「笑点」の収録を行ったようで今後も楽しみですね(^^)/

桂歌丸は痩せ過ぎ?

もともと痩せ型で「生ミイラ」と言われ笑いをとってきたが今回の病気で食べ物も食べれない状態となり栄養をチューブで流し込んでいる状態との事でした。
病気の時は本当に辛い闘病生活を送っていたんですね。
そして、食べ物も食べれない状態だった事から体重は36キロと痩せ細ってしまったそうです・・・。
WS000019
病気の連続で入退院を繰り返しており相当な身体への負担がかなりありそうですね↓
体力的にも厳しいものがあるかもしれませんが、現在は復帰をされているので少しでも栄養のある物を食べて元気で生き生きした姿を見たいものです!!

桂歌丸の今後の活動は?

2015年9月分の「笑点」も収録し見事に復帰をした桂歌丸
落語活動や番組と多忙な毎日が予想されるが、まだまだ完全復活とは言えないような気がするので心配ですね・・・。
しかし日本を代表する落語家の桂歌丸現役復帰してとても嬉しく思います(^^♪
今後の活躍が楽しみですね☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ