しずちゃん(山崎静代)がボクサーを引退した理由は?南海キャンディーズ復活?

南海キャンディーズとして相方の山里亮太とともに2003年にコンビを結成したしずちゃん
182cmある、女性としてはかなりの長身で、ゆっくりしたしゃべりに対し、山里亮太の鋭いツッコミで人気となった。
しかし、2007年趣味の一つで始めたボクシングへのめりこみ、タレント活動と並行しながらなんとボクシングで五輪を目指すようになり、テレビへの出演機会が減ったように思います。
今回は、そんな不思議芸人のしずちゃんこと山崎静代について調べてみました!
WS000267

 

しずちゃん(山崎静代)がボクサーを引退した理由は?

冒頭でも少し触れましたが、しずちゃん芸人でありながらボクサーとしても活動をしていました。
2007年から始めており、当時はボクササイズも流行っていたため本当に軽い気持ちで始めたようです。
しかし、ドラマ「乙女のパンチ」に出演したことをきっかけに、ドラマのアクション指導を務めていたトレーナーから指導をうけ、本格的にアマチュア女子ボクシング選手としての練習を始め、2009年2月にはC級ライセンスを取得
WS000268
ヘビー級だったそうですが、日本国内ではもともと女子ボクサーも少ないうえにヘビー級の選手が他におらず、なかなか試合ができなかったそうです。
そういった経験をへて、オリンピックを目指し、試合にも出場していくのですが、同階級の出場選手がしずちゃん1人で、不戦勝の認定王者になるなど、練習はできるけど試合経験が積めないまま…
また、ミドル級に階級を下げて試合に挑んだりするものの、惜しいところでオリンピックを逃すという結果に終わった。
そんな中、2015年10月15日。
ミドル級へ階級を下げても、対戦選手がなかなか見つからず、見つかっても練習ができなかったからか勝利を得られず、体調不良も出てきたことから引退することを決意したそうです。
女子でボクシングをする人はまだまだ少なく、しずちゃんは日本アマチュアボクシング連盟から、競技の普及に貢献したと以前表彰をされたこともあるが、実際女子ボクシングというジャンルをしずちゃんが広めたというのも過言ではないと思います。
選手がいないくて試合ができない、経験が積めないというのは、なんだかとても残念ですね。
WS000269
これから、女子ボクサーが増えて、しずちゃんが味わったことを受ける選手が減るといいと思います。
また、しずちゃんですが1979年生まれということもあり、体力の限界とも理由を話しているようですが、普通に考えてその年齢でボクシングという過酷な競技で世界を見ていたと思うとかなり凄いですよね!
筆者はしずちゃんより年下ですが、とてもじゃないけど考えられませんww
何はともあれ、厳しい中お疲れさまでした!!!

南海キャンディーズにしずちゃん復活?

南海キャンディーズといえば、山里亮太しずちゃんのコンビ。
今回、しずちゃんボクシング引退を受けて、今まで特に解散したわけではありませんが、これまで山里亮太ピンでテレビに出ていることが多かったですね。
しかし、この南海キャンディーズ
・2004年M-1グランプリ準優勝
・2005年上方漫才大賞優秀新人賞
・2005年M-1グランプリ9位
・2009年M-1グランプリ8位
こんな華やかな経歴がある面白いコンビなんです。
WS000270
で、今回しずちゃんが引退し、今後について山里亮太ツイッターでこんなつぶやきを!!
「お疲れ様でした。頑張って南海キャンディーズのネタを作ります。おかえりなさいませ」
おっっ!!!新ネタ?!?!
これは楽しみですね!
ちなみに、これまでたまにドラマなどへの出演をしていたりしていましたが、よしもとの劇場での公演には出ているようです。
最近も、昼ドラに出ていましたねw
プロレスラー役でしずちゃんぴったりの役だったと思います。
しかし、テレビで漫才のネタは長らく見ていない気がするので、今後また南海キャンディーズとしての出演が見られるのを楽しみにしています(^^)/

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ